馬プラセンタの特長

化粧品やサプリなどに配合される事柄の多い原料・プラセンタは鳥獣の胎盤から得ることの出来る原料です。日本で主に使われているものは馬・豚・羊の3関連あるのですが、今日その中で最高注目を集めているのは馬由来の馬プラセンタです。その理由として、原料や成果などの点を比較して馬プラセンタが他のプラセンタよりも優位です職場が挙げられます。
意外と馬プラセンタはアミノ酸含有数量が豚や羊プラセンタよりも約300ダブル手広く含まれています。アミノ酸は表皮の原材料コラーゲンと角質部類内に残るNMFを仕掛けるのに必要な原料で、体内に手広く存在すると表皮にはりと水分をもたらし、保水によるシワやたるみを防ぐ役割を果たしてくれます。また、既存使われてきた豚プラセンタよりも多い6関連のアミノ酸を持ち合わせることも特筆決める職場です。
セキュリティの面でも他の2関連のプラセンタより優れています。豚はそこそこ病気にかかりやすくワクチンなど薬を投与講じる機会が多い上に、狂牛病や口蹄疫の感染リスクがあります。また、羊は狂牛病の恐怖があり、その影響で2001時期から日本では消費制御となっています。対して馬は体温の高さから寄生虫の増加や感染症といったリスクが少なく、薬剤に頼る機会も少ないためセキュリティに優れていると言えるのです。
馬プラセンタは割高ではあるのですが、上記のことからそのビハインドを押し返すほどの利点があると言えます。美甘麗茶